媒介契約とは

媒介契約

媒介契約

 

不動産業者に手持ちの不動産を売買してもらうときは、媒介契約を結ばなくてはなりません。
不動産業者との媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類あって、いずれかを選んで契約を結びます。

 

結んだ媒介契約によって、不動産業者の行動が変わってきます。

 

例えば一般媒介契約は、契約した不動産会社以外のところでも購入希望者を探す事ができます。自分で探しても構いません。

 

窓口が多いので良いように感じますが、購入者を紹介した不動産会社しか手数料が入らないので、不動産会社のスタッフは全力で力を入れることができないのです。

 

このようにそれぞれメリットもあればデメリットもあるので、自分に合うと思う媒介契約を選びましょう。

トップページ > 姫路市で家を売るときに不動産を高く評価してもらう方法